smile 書道家 詩 作品 calligraphy design

一人一人のコップはとても小さくすぐ満たされ涙が溢れるんだよ。
だから溢れそうになったら
僕のコップに
少しずつ移してごらん。
そしたらね、
魔法みたいに消えていくんだ。
僕が悲しみから立ち直った時に
ご褒美に次はあなたが
大切な人を守ってあげなさいって
魔法使いが僕にくれたんだ。
笑われるから
心に大事にしまっていたけど
君なら信じてくれる。
そう想える君に
やっと出会えたんだ。
ねぇ見て
このコップがそのコップだよ。
そこには
Smile
と書いてあった。
君は僕の心に涙を流しながら笑ってくれた。
smile 書道家 詩 作品 calligraphy design
smile 書道家 詩 作品 calligraphy design
 smile 書道家 詩 作品 calligraphy design

Related Posts

Leave a Reply