一期一会(いちごいちえ)書道家 作品

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』
と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得である。
平たく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、
もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、ということである。
職業 書道家 書道教室の先生 山口芳水(ほうすい)
34歳
書道家暦 29年
指導歴16年
書道の先生(書道家)になったきっかけは
両親が書道の先生だった
小さい頃からの環境
書道家としての後継ぎ
色んなプレッシャーを感じながら楽しみながら人生を歩んでます
親から敷かれたレール?
いや今は違います
人生の生きがい
最終的に自分が決めた一生の人生
天職を与えてくれた両親
本気でやりがいのある仕事に導いてくれた
両親に溢れんばかりの
感謝を
幸せを
「ありがとう」
今はまだまだ殼を破りたてのヒヨコ
未熟です
偉大な両親
父「山口流芳
母「山口芳林
今まで心配・迷惑ばかりかけてきました
本当にごめんなさい
今から働き蟻(あり)・蜜蜂のように一生懸命
書道に専念し親孝行をしていきたいです
私をこの世に産んでくれました
そしてお父さんお母さんと出会いました
優しさも厳しさも含めて全てが愛情
大事に育ててくれました
そんな両親に長生きして欲しいから
この言葉(作品)を贈ります
「一期一会」
 
一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』
と言う意味の、茶道の筆頭の心得である。
平たく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、
もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、ということである。
書道家 山口芳水

書道家,作品,一期一会
書道家,作品,一期一会

 

Related Posts

Leave a Reply